【人生を変える】習慣化すべき5つの行動【あたりまえ】

 

[st-kaiwa2]

習慣化がより良い人生のために良いことは分かっているけど、なかなかうまくいかない。。。

[/st-kaiwa2] [st-kaiwa3]

人生を変えるために必要な習慣を知りたい!

[/st-kaiwa3]

こんな疑問にお答えします

[st-kaiwa1 r]

【筆者情報】
・受験に失敗し、2浪した私が取り入れた習慣
・起業に失敗し、自堕落生活を経験した私が取り入れた習慣
これらをお伝えします

[/st-kaiwa1]

 

[st-midasibox title=”この記事を読むと分かること” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

・習慣化すべき5つの行動
・インプットとアウトプットのバランス
・自分を大切にする方法がわかる

[/st-midasibox]

 

では早速見ていきましょう!

習慣化すべき5つの行動

先に言ってしまうと、結論こちらです。

[st-mybox title=”行動5つ” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  1. 「声を出して」自分と対話すること
  2. 本を読むこと
  3. たった1文でも日記を書くこと
  4. ”よく”寝ること
  5. 毎日、人と関わること
[/st-mybox]

です。それぞれ詳しく解説します。

 

1. 「声を出して」自分と対話する

自分「今日はイケメンだね」⇄自分「ありがとう、いつもだけどね」

自分「今日は調子悪そうだね」⇄自分「そうなんだよね〜、何となく、、、」

自分「いい日だよね」「今日いい天気だね」⇄自分「そうだね、散歩に行きたいね」

自分「あれはどうしたらいいだろう?」⇄自分「どうしたい?」

そうやって自分と対話する時間を持ちましょう。

私は自己完結してしまいがちな人間で、自分の中に溜め込んでしまうことが多いです。

人に話すのが苦手な場合は、「自分と話す」と効果的です。

体の中に溜め込まないことがポイントです。

 

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

頭の中で話をするのではなく、「声に出す」こと。

[/st-mybox]

 

できれば「これからどうしたい?何したい?」と聞いてあげましょう。

「自分てこんなこと思ってたんだなあ」と感じることが多いです。

[st-kaiwa1]

お風呂の中や、寝る前のベッドの中などが最適な時間なのではないでしょうか。

[/st-kaiwa1]

独り言は恥ずかしいことではないですよ。

 

2. 本を読むこと

「20代のうちに読んだ本の量で人生が決まる」と言われていますが、何歳になっても本を読むことは大事な習慣です。

本を読む習慣がある人とない人の差は、「人生を変えるような本に出会っているかどうかの差」だと思います。

 

私自身、本を読む習慣が身についたのは21歳の頃でした。

大学2回生(2年生)の夏休みの時です。

その時に面白い本と出会って、本を読むことにハマりました。

そこから2年間で1000冊以上貪り読みました。

それまでは全然本を読まない人生だったので、自分でも驚きましたし、家族も驚いていました。

 

まだ本を読むことが面白いと思えない人は、「まだそういう本に出会ってないだけ」だと思うので気長に探してみてはいかがでしょうか。

[st-kaiwa1]

私にとっての運命の本があなたにとっての運命の本ではないかもしれませんが、一応ご紹介。

[/st-kaiwa1]

👉「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」著:四角 大輔

「20代の勉強力で人生の伸び代は決まる」著:千田 琢哉

 

3. たった1文でも日記を書くこと

「3行」でも「1文」でも「1分」でも構いません。

それでも続かない場合は、さらにハードルを下げて「日記帳を広げたらOK」「日記帳に触ればOK」にしましょう。(長期スパンで最終的に書けるようになればgoodなので。)

書く内容も、「箇条書き」でもいいですし、単語だけでも良いでしょう。

私が日記を始めたきっかけは2浪目の時に、「今日やった勉強内容」をメモするためでした。

毎日同じような生活の中で、少しでも「積み重ねている感覚」「進んでいる感覚」が欲しかったからです。

 

他にも、「書き始めの言葉を同じにする」と習慣として身につきやすいです。

例えば、私は「今日の◯時です。家です。・・・(続く)・・・」というのが書き始めです。

[st-kaiwa1]

「時間」と「場所」であれば、何も考えずに書けるからです。

[/st-kaiwa1]

とりあえず手を動かし始めるための工夫です。

 

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”755″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” fontawesome=”fa-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

 

4. ”よく”寝ること

「睡眠」に関してはまだ分からないことが多いようですが、「眠くなったら寝る」のが大事だと私は感じています。

「この時間に寝るといい」とか「質の良い睡眠とは?」とか「現実逃避のために寝ている」とか色々ありますけども、自分の体に素直になって、無理せず寝ることが「健康にも精神的にも」最も良いと思います。

不安があって眠れない時は、「自分を抱きしめて」あげましょう(イメージの中でもOK)。

少し気持ちが楽になって、良眠することができます。

[st-kaiwa1]

次の日の目覚めた時の気分も全然違いますよ!

[/st-kaiwa1]

また、寝具の「色」にこだわってみるのもおすすめです。

 

5. 毎日、人と関わること

どんな方法でも、毎日人と関わりましょう。

ひとりの時間も大事です。

それと同じくらいに人と関わることも大切です。

私はひとりの時間が好きなので、気をつけないと直ぐにひとりになってしまいます。

私のような人は多くはいないと思いますが、もしいらっしゃれば、人との関わりを意識しましょう。

関わり方は、「近所のスーパーのレジのおばちゃんとのやりとり」「SNSでの交流」「ラジオを聞く」「ゲームを通して人とコミュニケーションをとる」など、なんでも良いと思います。

[st-kaiwa1]

ひとりになることが悪いのではなく、人は「人と関わらないと生きていけない」ということです。

[/st-kaiwa1]

閉じこもりたくなる時ほど、人と関わることで道が開けますよ。

👉ココナラでお悩み相談・カウンセリング

 

まとめ

以上、「【人生を変える】習慣化すべき5つの行動」でした。いかがでしたでしょうか。

[st-kaiwa1]

1つでも少しでも行動に移すことができれば、あなたの人生は変わります。

[/st-kaiwa1]

 

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi fontawesome=”fa-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”1668″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた、別の記事でお会いしましょう!